テラス工事 独立テラス 自作補強 洗濯屋根 

本日の紹介はテラス工事です

今回の現場はテラスが通常の取り付けができないので変わった施工をしています

通常はシャッターBOXと2階ベランダの隙間に垂木掛けを付けるのですが、、こちらの現場隙間がありません、、いろいろやり方はありますが お客様と打ち合わせし独立でテラスを取り付ける方向になりました

施工前↓↓

施工後↓↓

 

               ~施工内容~

まずは掃き出し窓のセンターを出しました

後に消えるよう赤鉛筆で薄~く( 一一)

 

 

次に柱の位置を出します

柱の埋め込みは550mmとりました

テラスの通常の埋め込みは300mmになります

 

沈下防止に地面を固めていきます

自作の叩き棒で地面を叩きまくります↓

吹上防止にアンカー棒をセットします↓↓

 

仮に設置↓

左2本が柱です

左から3番目が横材に使う材料です↓↓↓

 

 

がテラス通常の厚み1.5mm 

が横材厚み3.2mm を使用しました

今回は自作なので自分で強度考えて材料を拾い出ししております

強度が必要な箇所は肉厚を使用してます

この横材に垂木掛けをセットします↓↓

ネジ止めをするので穴を空けていきます

今回は細かめに455mmピッチで穴を空けます

通常のピッチは910mmです

穴を空けた裏面です

横材と密着させるのでこのようなバリがあると微妙な浮きが出る為バリ落としていきます↓↓

このレールにボルトをセットします↓↓

錆びに強いステンレス製を使用します

 

これを先ほど穴を空けた垂木掛けをセット↓↓↓

 

ナットだけではなく、緩み止めワッシャを入れました

ナットをセット↓

しっかりと確実に締め付けます↓↓↓

 

 

 

次に柱の接合金具を自作

コの字の金具を使いました

 

ネジ止めだけにしようとしましたが、ネガティブ病が発生し真ん中ボルトで固定( `ー´)ノ

これで安心(+_+) こだわればキリがないのですが、、ある材料で出来る限りは施工致します( `ー´)ノ

柱の高さをレーザーで合わせていきます

横材を入れました

次に揺れ防止に壁から補強を取りました↓↓

 

こんな感じで取り付けました↑↑

下穴を空けて~

下穴に防水ボンドを入れて~

 

金具をセット

 

次に更に横揺れ防止筋交いを入れました↓↓↓

始めネジ止めだけでしたが、ここもネガティブ病が発生し、、ネジの効きが少しアマイので特殊なターンナットという材料を使いました

こんな感じ(*^▽^*)

 

これで壁が出来ました↑↑↑

 

 

とりあえず一服 ^^) _旦~~

お客様差し入れ(^^♪まだまだ暑い ありがとうございました

ここからはいつも通りの施工です

テラス本体の柱に吹き上げ防止アンカー棒をセット

長物の仕込みを行います

とゆを付けます

ネジの1つ1つ防水します↓↓

キャップも防水します

垂木材を取り付けました

母屋材を取り付けました

ポリカを1枚1枚張っていきます

ベランダとの隙間がかなり狭くて苦労しましたが特殊なインパクトで確実に締め付け( `ー´)ノ↓↓

 

 

完成(^^♪

 

このように自分で強度考えて現場製作は面白くてしょうがない(^^)/

毎日が勉強です。

本件はありがとうございました

 

テラス工事お任せ下さい

お家のことなら何でも松本建装ご相談下さい

丁寧な工事をご希望のお客様

☝上の電話番号ポチ